りのしぇり

犬好き! 特に牧羊犬大好き!

フィラリア薬

f:id:sheltiereno:20220926100751j:image

「ご飯、いりません…」(あなたの場合は、食べるのは権利でなく義務です!)

 

シェリーちゃんは前世に毒殺されたんかなとかそのレベルで薬を服用しない、ご飯もそんなに食べない慎重なワケアリ女でした。

なのでフィラリア薬を食べさせるのにも大騒動でした。

そのまま食べさせる

口すらつけない

チーズに挟んでたべさせる

チーズだけをうまく剥ぎ取って食べてフィラリア薬は横から「ペッ」と吐き出す。器用すぎる・・・。

ご飯にかける

もともと食べないのに、薬の存在に気づいてさらに輪をかけて食べなくなる

導いた結論
  1. 口を開いてフィラリア薬を無理に口に入れる
  2. 口を塞ぐ(マズル持って)
  3. 喉を撫でて飲み込むのを確認する
  4. 口を開いて確認する

というシェリーからは秒で嫌われる行動をしていました。だってフィラリア症にかかって苦しむくらいならこれくらいの苦しさは我慢して・・・(><)という気持ちだけでやってました。

フィラリア薬は結構高い?

当時から病院で処方されるフィラリア薬は高いなーという感じでいてました。

必要なものにはお金もかけるけど、安いに越したことはない。手間もそれなりにかけるタイプだったので、自分で調達したら安いのかと知って、英語覚えてオーストラリアから送ってもらったりしていました。イベルメクチン1粒あたり400円、モキシデクチン1粒あたり500円、ミルベマイシン1粒あたり800円でした。迷うことなくミルベ食べてさせてました。

フロントラインも1ピペット600円くらいで買えたと思います。めっちゃ自己輸入に頼ってました(為替レートも安かったのもある)。届かないとかのトラブルがあったら「届かねーぞー!」と言うメールを英語で出せるくらいにはメール書いてました。懐かしい。当時のマイブームは自己輸入であれこれ買ってました。為替レートが輸入向きな感じでした。

シェリー、ネクスガードスペクトラデビュー

食べさせ方が鬼軍曹みたいな感じだったので、申し訳ないと思いながら毎月1度シェリーと険悪な空気になるのは嫌だな~と思い始めたころに、ふと動物病院でチュアブルタイプのフィラリア薬があるのが目に留まりました。1錠2,780円(当時8%で税込3002円)、フロントライン不要ということで「試してみるか」と軽い気持ちで購入開始しました。

食いつき抜群(嗜好品は食べるのか)、いままでの苦労ってなんやったんやろ、という気持ちが出たのと、自己輸入で買うにしてもそんなに金額に差がないなら病院で買ってしまえとなりました(でも今昔使ってたサイトでネクスガードスペクトラをみたら6パックで9000円くらいやわ。安…)

で、りのの話よ、りのの

f:id:sheltiereno:20220926100901j:image

「お、やんのか?」(リモートワークの邪魔もぬかりなく)

ミルベガード2.5をだしてもらった

先日の健康診断で、体重が7.5Kgになったので、シェリーちゃんのネクスガードスペクトラを2錠飲ませるか(不経済)、買うか。

悩むことなく処方をお願いしました。実家のきんちゃんが使うのでそれがいいような気がします。

ノミ・マダニの薬は別途もらうことになりました。そっちの方がネクスガードスペクトラより300円安いらしい。いうことは、1錠3400円。3000円越える金額を言われると「なかなか高い・・・っすね」となりますね。

6個10000円で自己輸入も考えます…。1個1500円ちょい。倍近くの差…。月1500円あればりののおやつ買える。Furboの見守りの費用にも充てられる。あー、できればそっちに回したい!

食いつき

薬だろうと関係なく食いつき抜群。あの子の胃袋はなんでも吸収してくれる。素晴らしい食欲に飼い主もニッコリです。

チーズに挟んで食べさせたのですが、チーズだけ食べてフィラリア薬は落ちてしまったので「あ、やべ(シェリーの二の舞)」となったのですが、お構いなしに薬を拾ってぱくーと食べたのでりのはそのままでもいけるクチか!と。これは扱いの楽な・・・と飼い主もニッコリです。

シェリーの時のあの苦労は一体なんだったんだろう。でもあれも今では申し訳ないけどいい思い出です。当時ちゅるビーが有ればシェリーちゃんは誤魔化せたのだろうか、とちょっと考えます。

ちゅるビーはまだ「りの」も未経験なので近く食べさせてあげたいです。

この記事の結論

自己輸入に頼るか。につきます。嫌なのは、13年前に犬専用に使ってたマスターカードの番号が漏れたことがあるので、漏れたら嫌だなーと(多分PayPalで漏れた)。

クレカ番号が漏れた日の出来事は、またどこかで書こうかと(犬にまつわる恥ずかしい話でもあるので)。

しっかり食いついてくれるなら、昔みたいにフィラリア薬をどこからか調達してもええやんけーとなってます。

ノミダニも、ネクスガードでもいいけどフロントラインプラスでもええやんけーとなってます。

昔買ってたサイトで、
ネクスガード スペクトラ グリーン ミディアム ドッグ 6パック 9738.32円

を見つけた

「あー、いやー、これがめっちゃいい気がする」

となってます。ミルベマックス10錠 6967.29円も捨てがたいです。でもこれ昔オーストラリア限定で国外発送してくなかったんだっけ・・・。

なんか色々思い出しますね。

体重は、8.2㎏。友人とこの11カ月のシェルティさんと3キロしか変わらないぞ。

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

 

脱獄王 りの の 成長記録

f:id:sheltiereno:20220925135235j:image

7.9kgになってました

 

あれこれ知恵を絞って脱獄を繰り返す「りの」も生まれてから6か月目、あれ、5か月目?を迎えました。

今になって数え方がわからなくなってきました 笑

生まれてからすぐは0か月目でいいんだよね、とあれ?と混乱しております。

ホモサピエンスがちょっとおバカ気味です。が、無事に成長していることだけよくわかります。

昨日無事に5か月を満了しました。あっという間です。犬をうしなった悲しみは犬でしかいやせないというのはわかる気がします。たまにシェリーがいなくて悲しかったりするし、りのと一緒の多頭飼いだったらもっと楽しいと思うし、りのももっとおりこうさんになってたと思います。

 

昨日シェリーを思い出してちょっと泣いた。あの子は控えめというか陰陽でいうところの陰だなと思います。だけどそういうところが可愛かったんだよー・・・。

やっぱりシェリーによく似た性格の子もいつか迎えてシェルティにまみれて暮らしたい。保護犬預かりはしたいけどいざ返す時に「いややー!もうこの子はうちの子やー!返さんわー!」となりそうなので預かりボランティアは無理だなーと思います。保護団体さんの迷惑にしかならん。

 

 

前歯の乳歯が取れて永久歯が生えてきたよ。でも写真はなかなかとらせてくれないです。

甘噛み

だんだんしなくなりました。ひのきのぼうよりも机が好きらしく、机が日に日にひどくなって行きます。机の脚が4本でなくなる日がきたらどうしよう・・・。あと、新たに迎える犬がかじる角がなくなったらどうしよう・・・。

脱獄

要領よく繰り返す脱獄を前に、脱獄王「りの」が脱獄できないようにレイアウト変更しました!

ケージの大きさが可変できるのはこういう時ほんとありがたいです。

ダイソーで買ってきた200円のワイヤーネットはたくさん買うことになるけど、ペット用で買うとめっちゃ高くなるので、これでいいのだ(言い聞かせ)。

これらは、室内フリーになったら入ってほしくない部分にネットして、というように画策しています。

と言っても彼女のことだからいつか必ず脱獄する日がくるはず…

と思ったら見事な脱獄っぷりを披露されました。

 

furboが決定的瞬間を捉え…もう色々手遅れなので、配線の方をどうにかすべく壁に穴を開けたり、届かないところに置いたりと頑張ってきました。

目標は室内フリーで過ごせるようになってればいいなと思います。

フィラリア

シェリーちゃんの分が使えなくなって、ミルベガード処方されたので食べさせてみたら余裕で食べた。これでネクスガードスペクトラムともおさらばです! あれ高かった・・・。

トイレ

トイレの成功率もすこしずつ高くなったけど、すきなところに好きなようにされてしまいます。こまめにトイレをする習慣になったらしく、あっちにちょろー、こっちにちょろー、っとされてます。たまに踏んで「あ・・・」と気づくことがあります。

まだまだ成長の余地あり、伸びしろの余地あり。と思って頑張ろ(おもにりのが)

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

 

無事予防接種ができました

昨晩、台風がやってきて、雨戸を閉めたりあれこれやってましたが、本当の台風は、我が家に居ました。

 

りのザウルスです。

脱獄を繰り返すこと、数多。

散歩にも行くけどあまり動物に近づけることもままならず。

 

しかし、

そんな日も、

今日で終わりだー!

 

朝いちばんくらいで予防接種にいってきました。狂犬病予防接種。

診察室に途中まで行くけどいざ診察室前になると突然かたまる「りの」。

リーシュをつけても3回に1回そうなり、帰りついたときも2回に1回そうなるというなぞの固まり。病院でもやりましたが、獣医さんが嫌いなんでもなく、動物看護師さんが嫌いというわけでもなくむしろ動物看護師さん大好きみたいです。

 

体重計測した結果7.5Kg 着々と増えています。同時にシェリーちゃんが遺したネクスガードスペクトラムがもう使えないということになったので、フィラリアの薬(ミルベマイシン、ちょっとにがいらしい)とネクスガードを貰うことに。こればっかりは仕方なく。

熱は39.2度とちょっと高め。でも問題なく狂犬病予防接種を無事開催できました。

注射は痛いらしく(そりゃそうだ)よく暴れておりました。

シェリーちゃんはおとなしく打たれてただけにシェルティでも全然違うんだなーと。どっちもかわいいけど、シェリーちゃんはもう少し長生きしてほしかったなと思います。切に。

 

病院に慣れされる目的と、体重測定と、避妊手術のタイミングを見計らうべく、毎月病院に通いたいという申し出に快諾してもらえました。よかった!

 

 

獣医さん「今日は一日安静にしてくださいね」

f:id:sheltiereno:20220920181741p:image

f:id:sheltiereno:20220920181748p:image

りの(ガン無視)

(走り回る動画からのスクショ)

 

 

そんなこんなで、無事狂犬病予防接種できました。

とても長くつらい日々でした。

これでパピー教室にも行こうと思えば行けるし、旅行もドッグランもドッグカフェも行けちゃいます。やったー。

取り合えずドッグランで思いっきり走らせてあげたいと思ってたので、行きたいと思います。

 

あとパピー教室も行ってみたいと思ってたので行きたい。

と思ったらりのさん、7.5Kgでパピー教室がダメになりそうです。

10月半ばころのパピー教室の時に体重のリミット8kgがやってくる・・・かも・・・(そうなるとアウト)。

そんなりのも、もうすぐ4か月目も終わって5か月目に突入です。

 

f:id:sheltiereno:20220920154258p:image

よく休んでください…

近場で8キロ以上の子犬友達か10キロ以上の成犬友達が見つかればいいな・・・とねがってやみません。

 

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

 

ひのきのぼう

f:id:sheltiereno:20220913162854j:image

いつしか机が

机がこんなになって、

Amazon fireTVのリモコン持っていくから

 

f:id:sheltiereno:20220916102300j:image

f:id:sheltiereno:20220916102318j:image

ひのきのぼうを与えました。

近所のペットショップで398円税抜

かじってくれます。よかった。

こうしておもちゃが増えていく。

たまに振り回してホモサピエンスどもが痛い思いをします。

棒はこうげきりょく2

かもしれないが、武闘家で会心出しまくるタイプよこの子…🥺

 

 

ひのきのぼうでも遊びますが、

けど fire TVのリモコンは狙われる。

咥えやすいんかな…

こんな感じの木の棒作ってほしいな。ニッチすぎるけど。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

 

りのさんの、狂犬病予防法に基づく予防接種

f:id:sheltiereno:20220913113725j:image

シェリーちゃんが残していったネクスガードももう食べれない7.2キロ。今月末で残されたネクスガードを食べるのも最後。来月からお買い上げです。残った分はきんちゃんに差し入れです。

 

さーて。来週はりのさんの狂犬病予防接種ですよ!

予防接種が終われば晴れて自由の身。ドッグランにもドッグカフェにも旅行にも行けちゃうよー!

りのを迎えてもう2か月と2日。毎日事件で毎日ベッドで寝てない感じがします。引っ越ししてから以降ベッドで寝たのはたった4回。残りはずっとリビングで老犬介護しながら、新入りの様子を窺いながら寝てました。

もう2か月経ったので、さすがに自室で寝れそう。

実は個人的にあまり好きではない「狂犬病予防法」

できれば我が家の犬にワクチン入れたくはないけど、生命にかかわる重篤な問題になるうえに日本で犬を飼う者の義務なので、毎年ワクチン接種を受け入れています。毎年健康状態を確認して、獣医さんと今日でいいか、来週にするかきちんと相談して打ってる感じです。シーズン的にも、フィラリアの血液検査もあるので、一緒にあれこれ考えて行っている感じです。

集団接種はたのしかったけど

一度集団接種に行ってみたのですが、そこそこ楽しかったです。シェリーと一緒にちょっと遠くの役所まで歩いていきました。

犬さんがたくさんいて、(何されるかわかってないというのもあるけど)無類の犬好きシェリーははしゃぎまくり。しかしながら、簡易問診だけでお金と書類を出したら、そのまま注射をぷすーと打たれるような仕組み。

翌年も行こうかな~と考えたのですが、

  • 日程合わない
  • 寝過ごした
  • その日たまたま犬or飼い主のコンディションが悪い

となると、集団接種会場では打てなくなってしまいます。

結局狂犬病予防接種の時期になると混合接種だのフィラリアの血液検査だの、フィラリアの検査するついでに血液検査もやっちゃえと、4~5月にまとめて検査するのが習慣化してしまっているので動物病院のお世話になるのが恒例になってしまいました。

 

過去、狂犬病ワクチンで仲違いした人がいる

狂犬病ワクチンは打つ必要なしと主張する人と仲違いしたことがあります。

私もできれば打ちたくはない。だがしかし、日本で自分の飼い犬を守るためには鑑札登録を受けて狂犬病ワクチンを打つ必要があります(2022.06からはマイクロチップ登録があれば、みなし登録される自治体もあります)打ちたくないな~という気持ちは未だに変わってません。できれば、混合ワクチンも打たなくて済むなら打たなくてもいいと思ってます。

そうは言っても、狂犬病ワクチンは日本で犬を飼うための最低限の義務だし、混合ワクチンは犬が元気で暮らしていくために最低限で打ちたいし、ドッグランで思いっきり遊ばせたいし、旅行にも一緒に行きたいし・・・。

ちなみに、高齢になった犬(シェリーちゃんきんちゃん)に対しては、獣医さんと健康面とストレス面からの相談、優先順位を決めました。

  1. 血液検査
  2. フィラリア
  3. 狂犬病ワクチン(義務)接種
  4. 混合ワクチン

の順位付けをして、混合ワクチンを最低限に抑える方向に舵切りしました。どちらも体力的ストレス的に混合ワクチンは2年に1度、最低限の5種のみにしましょうとなって、打たなくしていきました。

この2頭とは毎年一緒に旅行に行ってましたが、一緒に旅行に行くのを諦め、ペットホテルに泊まることも諦めました。狂犬病ワクチンも体調に問題がないときに打ちましょう、という方向で、4月、5月、6月の間に1回、7月、8月に1回という通院スケジュール運用をしていました。獣医さんもかかりつけなので、そのあたりの理解を示してくれて非常にありがたかったです。

相手の方は「狂犬病は日本ではすでに50年以上前に発生していなくて根絶できてる。イギリスもオーストラリアも義務なんかにしてない。日本は遅れてる」と主張するのですが、世界中で普通に猛威をふるう致死率100%の病気であること、日本では犬の登録とセットで義務であること、狂犬病の発症はないと言えども、野生動物はどうなっているか明確なエビデンスはないし、その辺に野生哺乳類がうじゃうじゃしていて(都会でも夜コウモリ飛んでるのよ・・・)、そこからどこかの犬猫がそこから感染する可能性もあること、そうなれば未接種を理由に隔離されてつらい思いをするのは飼い犬であるため、「人様の犬についてはどうこう言うつもりはないが、少なくとも私は狂犬病ワクチンは接種するし、そこについて非難される謂れはない」と言ったのですが、まったく聞く耳持ってくれず、一方的に非難されて一方的に終わりました。

価値観の違いなので、そればっかりは仕方ないものと思ってます。自分の犬は自分で守るのよ!

権利と義務

日本は少なくとも法治国家であり、狂犬病予防法という法があって、施行令、施行規則があり本法において罰則がある以上、守らないといけないと思うのですが。

しかしいかんせん、罰金止まりなので、「罰金?払えばいいんでしょ?オッケーオッケー」という人については、もうそれでいいかなと思ってます。強制的に犬が隔離され、薬殺されるリスクがある以上、飼い犬だけは不幸にしたくないと思いますし、どの犬もすべからく不幸なことになってほしくないとは思っております。

第18条の2が怖い

狂犬病予防法
(けい留されていない犬の抑留)
第十八条 都道府県知事は、狂犬病のまん延の防止及び撲滅のため必要と認めるときは、予防員をして第十条の規定によるけい留の命令が発せられているにかかわらずけい留されていない犬を抑留させることができる。

(けい留されていない犬の薬殺)
第十八条の二 都道府県知事は、狂犬病のまん延の防止及び撲滅のため緊急の必要がある場合において、前条第一項の規定による抑留を行うについて著しく困難な事情があると認めるときは、区域及び期間を定めて、予防員をして第十条の規定によるけい留の命令が発せられているにかかわらずけい留されていない犬を薬殺させることができる。この場合において、都道府県知事は、人又は他の家畜に被害を及ぼさないように、当該区域内及びその近傍の住民に対して、けい留されていない犬を薬殺する旨を周知させなければならない。
2 前項の規定による薬殺及び住民に対する周知の方法は、政令で定める。

狂犬病予防法施行令
(薬殺の方法)
第七条
 2 毒えさに用いる薬品の種類は、厚生労働省令で定める。

狂犬病予防法施行規則
(毒えさに用いる薬品の種類)
第十七条 令第七条第二項に規定する薬品は、硝酸ストリキニーネとする。

まわりくど!だから嫌いなのよ法律読むの面倒くさい・・・。

いや、そういうことではなく・・・(本法、施行令、施行規則とかほんといつも面倒くさい・・・)この条文を見ると結構ぞっとするのですが、狂犬病予防接種を打ってない、犬の登録がない犬については、硝酸ストリキニーネによる薬殺処分の可能性があるということです。

こんなこと反対だ!と騒いだところで、狂犬病が日本で出てきた際、犬を飼っていない多数の住民は、パニックの状況であるんだから民意として「蔓延したら怖いから早く薬殺処分して」となるのは目に見えた話なのではないでしょうか。犬が優先となるのは、犬を飼ってる人だけの論理なんですよね。

言い方は非情ですが、犬は動産に過ぎないというのが根本の考えが日本です。

法律以前に、みんなわが身がかわいいし、優先順位を立てたら人間の生命、財産が中心でどうしても犬さん猫さんは後回しになるんじゃないのかなと思うんです。

犬を飼って、法律で飯食わせてもらってる私から見ると、狂犬病予防法は悪法だという人と同じく「結構嫌な法やわ~」とぐぬぬとなります。私にとってはすべての犬が可愛いです。大事です。特に牧羊犬はひとしおです。
我が家に来た犬はすべからく大事な相棒です。しかし、それは私や配偶者、家族にとってなだけです。悲しいことですが。
犬を飼ってない人も「犬かわいいですね」と言ってはくれますが、それは方便である可能性もあるし、緊急の事態になったときに「やっぱ薬殺で」と民意がそう言わせるのです。私にとっては大事な家族ですが、世の中はそういうものなのです。
だからこそ、飼い犬は飼い主がきちんと守ってあげる(法的に)必要があるのです。

硝酸ストリキニーネって何よ

埼玉愛犬家殺人事件で使われた薬剤・・・そういうことではなく、めっちゃ劇薬です。白色。針状結晶または結晶性粉末。味はきわめて苦い、らしい。
中毒量は、成人で経口で約 50~100mg、小児で15mg の少量でも中毒になるとなると、犬だとどれだけ少量で・・・と背筋がちょっと凍った。
顔と首の筋肉の硬直から始まり、発作性の強直性痙攣と続き、強直性伸展痙攣と続くそうです。筋肉の痛みを伴い呼吸は停止し、感覚刺激により誘発され、激しい場合には
過伸展のため身体が弓なりになるとのこと。こんな恐ろしいものを使うとか・・(驚愕)。シェリーちゃんの最期が多臓器不全、痙攣で亡くなったのでショックもでかすぎる・・・。

海外では接種義務がないのは裏を返せば

検疫がしっかりしていることと、発生した時の対処が非常にシビアだからです。
イギリス(接種は任意)では、「万が一狂犬病が発生したときは、発症犬と、発症の疑わしい犬を、直ちに捕獲、隔離し、処分しまーす」

オーストラリア(接種禁止)では「中途半端に抵抗力を持ってたら、病原体が侵入したときに侵入を見過ごしてしまう危険性があるので、動物の抵抗力を低い状態にしていて、万が一病原体が侵入して症状が出た個体がいたら、速やかにその犬とその地域の犬を、まとめて速やかに隔離し、必要に応じて殺処分しまーす」

「問題のありそうな動物はさくっとオートメーションで処分まで行っちゃうよー」なってるため「接種させる必要なないですよー」という発想です。正直そっちの方が嫌だなぁ。そういう面で行くと日本ってめっちゃいい国だなと思います。

それでも打ちたくない、打ったら副作用があるとなれば

獣医師の判断によって予防接種が免除されることがあるので、しっかり相談することだと思います。猶予となったら猶予証明書を出してくれるのでほんと相談して合法的に打たない選択をして飼い犬を守ってほしいと思うわけです。

狂犬病が嫌な理由

どんな犬でも同じ量を接種するところが嫌です。体重に合わせて量を減らしてほしいです。ワクチンなのでアナフィラキシーショックから死亡するリスクを負わされるのが嫌です。小型であればあるほど(といってもうちはシェルティなのでそこまで小さいわけでもないのですが)リスキーになる運用はやめて差し上げてほしいと思ってます。

これからワクチンに望むこと

3年に1回で済むワクチンの認可はやくして。同じワクチンでも、海外では、効能認可が2~3年あるのに日本では1年に1回の認可。効能認可の問題みたいなのでしっかり臨床を行ったうえで2年に1回の効能とか、3年に1回の効能で認可を下してほしいと思います。事務処理に費用かかると思うので、2年分以内の費用を取ってもらってもいいし、予防接種会場で済証交付(有料)の手間をかける条件でもいいから・・・。と願うばかりです。

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

 

爪切りvs4カ月半の犬(7.2Kg)

7.2kgに成長していました。

375Kcal/100gのご飯を1日190g食べてます。

一食60g×3+おやつ。頭も日に日によくなっていきます。

 

夜ご飯

f:id:sheltiereno:20220912223147j:image

よいしょー
f:id:sheltiereno:20220912223143j:image

っしゃー!

f:id:sheltiereno:20220912223632j:image

 

Amazonで買った知育玩具

 

導入してすっくすくに成長してやんよ。

 

知恵が回ってくる犬とあれこれ戦う飼い主です。

甘噛み上等、嫌なことは嫌と(前足と口で)主張する小賢し・・・いえ、とても賢いわんちゃんです(棒読み)

 

戦い(爪切り)の記録

2022/09/02

夜 爪切り

5日で伸びる爪の切り方が甘いとしかいいようがない。意外と奥まで切りすぎて「あ」となったが血も出ずギリセーフ!

爪切りの時、夫婦かかりで頑張って、人をダメにするクッションとターキーアキレスでなんとか、半分させてくれる感じ。結果、夫婦そろって満身創痍になっただけ。爪はいけた。

だがしかし、翌朝りのが下痢気味になった・・・。

配偶者はストレス説を推してて、私は食べさせすぎたおやつ問題説を推す。

ターキーアキレス説とストレス説があるけど果たしてどっちが正解なんだろう。

 

 

2022/09/11

夜 爪切り

配偶者は夜勤だったので、ソロ爪切り。

ひたすら犬と遊んだ・・・というよりさんざん犬に遊ばれたあと、遊びの延長で爪切り。

ブラッシングも一緒にしたけどブラッシングはお嫌いのようで、ピンブラシに食って掛かります。爪切ってる間、ブラッシング用のピンブラシを噛むこと噛むこと・・・!

こうなったらもういいや、とヤケになってピンブラシを噛ませたまま爪切りをしようとトライ。

なんと、ピンブラシを差し出しておけばなぜか爪切りさせてくれる。たまに足で跳ねのけようとするけどピンブラシを噛むのに必死になっておざなりになるみたい。

ピンブラシよ、君は犠牲になるのだ~(2200円)

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

 

ご安全に!

f:id:sheltiereno:20220911194634j:image

きた時から気に入ってた無印の人をダメにするクッションに乗るりの。

最初と比べて大きさが違いすぎる。

来てから2か月、体重は約3倍、容積はもっとすごい。

 

4か月半にして7.0kgという体重を叩き出されて震えてる飼い主です。体重はまた増えてると思う、なんか座ったときにすごく長くなりました。12㎏シェルティはここまで大きくなるのかと、来た時の写真と見比べてます。悪いということでなくて、こんなに大きくなるんやなーとか、いろんな感動があります。シェルティの1歳までの平均体重推移を見てたら、だいぶ成長してるなと思います。脱獄を繰り返す知能犯です。

完全に脱出経路を覚えられました!

 

ですが、やっぱりそれでも4か月半、車の移動ではまた吐き戻しするという始末。

ご飯たべさせた後に車に剥き出しで載せるなとあれほどいったのに・・・とちょっと配偶者にお怒りの飼い主です。来てしまったものは仕方ないので、超安全運転で帰ってください。

 

今問題にしてるのはくるまでの移動方法についてどうすれば事故に遭っても無事でいてくれるかの一点です。めっちゃあれこれ調べてるのでまた情報のーせよ!

 

一番は事故にあわないようにするのがいいのでしょうがもらい事故もあるのでほんと怖い…。

みなさまご安全に!

 

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ